体芯力®セミナー動画

ける身体の作り方

インナーマッスル脳神経
これらは、歩きにどう繋がるのか?

2024/6/16(日)18:00
2024/6/19(火)24:00

動画内容
contents

こちらの動画は体芯力1DAYセミナー『歩ける身体の作り方』(2024/6/8開催)のセミナー動画です。

  • 歩き方の3つの種類と人間が長く歩ける理由
  • の構造と使い方/地面への付き方
  • インソールの選び方とその理由
  • 筋肉がゆるむ立ち方と足裏の重心の移動曲線
  • 歩きに安定感を出す方法/筋力を使わない軸の乗り方
  • 歩く時の骨盤と股関節の動き/無意識に覚え込ませる方法
  • 足と腰の動きを連動させるワーク/体幹・腸腰筋を使う
  • 高齢者の場合の体幹ワーク
  • 思うように体が動かない/硬い場合の対処法
  • 内腿外腿の神経の代謝を上げる※痛み、ランナー膝、外腿が張る人に効果あり
  • 足の裏側と前側神経開通法
  • 早く歩くor走るための条件とワーク
  • 階段を降りる時のポイントと骨盤の動き方
  • 裏腿の筋肉を使いやすくする方法
  • 3つの重心についての解説と重心の扱い方
  • 立ち上がりを楽にする/力を使わないで立つ方法
  • 高齢者の方の場合の立ち方(円背がひどい場合)
  • カラダの本当の連動とは?/力を通し全身を連動させるワーク
  • 歩く時の重心移動の仕方と上半身、骨盤(丹田)の重心移動のためのワーク
  • 股関節を感じるワーク
  • 足裏のアーチ偏平足について/アーチは上がっている方がいい、は古い?
  • 地面に設置した時の足の形状変化と過剰回内(オーバープロネーション)について
  • 足裏のアーチによる軸形成
  • 軸の考え方と歩行時の軸移動
  • 体重移動とリズム感について
  • カラダのから力をつかうポイント
  • 捻り系の動きの可動域を出して柔らかくする方法
  • 側屈可動域眼の動きの関係性
  • 骨盤の感覚をつかむワーク/長座位が難しい人の場合は?
  • イレギュラーへの対応力をつける/バランスを崩した時の対処法
  • 三半規管のトレーニングと頭部のコントロール
  • 歩行時の頭の動きとバラン感覚
  • 靴のかかとのすり減り方と動きの関係
  • エクササイズウォークと普段の歩きの違い
  • エクササイズウォークの練習法 ほか

購入者限定zoomセミナーを開催!

購入者限定でzoomセミナーを開催いたします。
セミナー動画を受けての質問なども受け付けますので、ぜひご参加ください。
(日時は購入後にお知らせします。)
※購入者の方には後日特典セミナーのアーカイブ配信を行います。

動画購入者の方にはセミナー内で使用した資料もPDFにて配布します。
※動画視聴ページよりダウンロードが可能です。

ダイジェスト動画

こんな方におすすめです

  • 歩くと膝や腰が痛くなる
  • 最近身体が重たい/疲れやすいと感じる
  • 正しい歩き方の概念がわからない
  • 疲れない楽な歩き方を知りたい
  • 歩行スピードを上げたい
  • 下半身太りが気になる
  • 脚痩せしたい
  • スタイルが良くなる歩き方を知りたい
  • 歩き方のバリエーションが知りたい


こちらの動画は閲覧期限付きです

期限を超えての視聴はできませんので、ご注意ください。
(閲覧期限:配布日より14日間)

受講者の声
voice

※動画より一部抜粋しております。

三宅さん

マインドボディマッピング創始者
グループインストラクター


歩きは高校時代に、結構ペンギン歩きって周りから言われるくらい重心移動が左右にすごく触れて歩いていたんですけど、 それを意識していながらも実際どうしてたらいいのかが分からなかったのが、 今日ははっきり分かりました。

(今までは)漠然と色んな情報をネットとかで集めてやっているところもあったので、 そこがしっかり自分の体感体験とともに腑に落ちました。そこがなかったら今までと同じように「これで合っているのかな」みたいな、 ちょっと半信半疑で指導をしていたので、 自分への自信ももう一つなかったというか…という感じで今までと変わらない指導をしていたと思います。

普段結構歩かれている方周りにも多いんですけど、 ただ本当にかかとから下ろすとか腕を大きく振るとか、 とにかく胸を張って姿勢良くということだけで意識されている方が多いので… そうじゃなくて実際に股関節周り骨盤から動くというところを、「本当の歩き方」というのをしっかり知っていただいて、 故障のない歩きを覚えていただきたいなと思います。

福井さん

フェルデンクライス指導者
合気道指導者


足が出やすくなったとか、でも何か意図してじゃなくて無意識的に歩きやすくなっているという感じがします。努力して正しく歩こうとかそういうのじゃなくて。

膝が痛い方に私は勧めてみたいと思いました。先生の講座は指導者とかプロの方も多いので、指揮が高く思われるかもしれないですけど、むしろ日常的に膝が痛くて困っているという方に勧めたいです。『一体歩き方をどう改善すればいいのか』『日常の歩きを改善することで膝痛の解消につながる』という根本的なところにアクセスできるんじゃないかなと思いました。

江頭さん

介護福祉士


私は介護のデイサービスで働いているんですけども、やはり高齢者の方は歩くということに関しては本当に不安があって。私らも『どういうふうにアプローチしていいのかなとか』『どうしたらこの人何とか自分で歩けないかな』なんて思いながらずっと考えておりました。今日の習ったトレーニングというか、エクササイズもぜひ現場で試してみたいなと思いました。

一般的には筋力トレーニングというか、筋力アップというのが第一にあって体操なんかありますけれども…回数こなしたりとかありますけど、そうではなくて本当に『カラダの使い方』。 今まで意識しなかったことを『ちょっと意識してみて』とかいう声かけができるんじゃないかなと思います。

© Taishinryoku.All Rights Reserved.